自然の恵み いただきます! 家庭菜園と山菜採りと・・・

家庭菜園と山菜採りを中心に、自分で収穫した食材を調理して食べるところまでの記録です。野菜の育て方、収穫方法、山菜のある場所、採り方、下処理の方法など、自らの経験をもとに情報提供させていただいております。

四角豆・うりずんの苦しまぎれサラダ

今年最後の四角豆収穫

四角豆(うりずん)がまだ実を付けています。

15cmほどのものがたくさん。

たわわに実った四角豆 15cm程のものが10個ほどぶら下がっている

四角豆 今年はこれで最後

今年はこれが最後の収穫です。

15本収穫した四角豆

15本収穫

15本ほど収穫して、残りは種にしようと思います。

四角豆の調理方法

さて調理開始です。

まず両端を切り取ります。

まな板の上で四角豆の両端を切った状態

両端を切る

お湯を沸かして、塩をひとつまみ入れて、茹でます。

2分程度。

鍋で四角豆を茹でている状態

2分間茹でる

2分経ったらザルにあげて、水にさらします。

少し固そうだったので、できるだけ小さく切ります。

5mmくらいに。

試食してみると、・・・・固い。

種のまわりの皮がかみ切れない!

他のものもかみ切れないのが多い。

旬の時期だったら、コリコリと美味しく食べることができたのですが、とっくに旬は過ぎていて、種採り用のように大きく育った状態でした。

「もしかしたら」と思ったのですが、やはり固くなってしまっていました。

さあ、どうしよう。

何とかして食べなければ。

中華鍋で炒めてみることにしました。

小さく切った四角豆を中華鍋で炒めているところ

中華鍋で炒めてみる

シャカシャカとしんなりするまで炒めてみました。

改めて試食。

うーん、さっきよりは少し柔らかくなりましたが、やはりまだ固い。

芯がある感じです。

「固かったら出せばいいや」とそのまま調理続行。

ただこのままでは芯のある四角豆がきわ立って、とても食べにくいものができてしまいそうです。

何かごまかす方法はないものか?

苦しまぎれの調理法

そこでジャガイモを細かく切って、電子レンジで5分チン。

じゃがいもを小さく切った状態

じゃがいもを切ってレンジでチン

ツナ1缶も一緒に合わせて、マヨネーズをドバッとかけてできあがり。

出来上がった四角豆(うりずん)とじゃがいも、ツナ缶のサラダ

四角豆(うりずん)とじゃがいも、ツナ缶のサラダ

見た目も結構きれいな感じで、ボリュームもあって、美味しそうです。

やはり失敗作

さて、食べてみると。。。。。。

ボリュームのウェイトをじゃがいもに移行したため、四角豆はあえてオマケの位置付けにしてみたのですが、芯の固さが残る四角豆を使っているので、やはり失敗作と言ってもおかしくなさそうです。

でも、味は美味しい。

ツナ缶とマヨネーズを足せば何でも美味しくなるのかもしれませんが。

種のまわりの固い芯の部分が出てくると、魚の骨を出すような面倒臭さがありましたが、一応は美味しく食べることができました。

何と言っても今年最後のうりずん料理ですので、しっかり味わうことができてよかったです。

やはり旬を過ぎた野菜ってのは、食べずらくなるものなのですね。

種を完成させる間際の野菜は、種のまわりを固くすることで、種を守ろうとしているのかもしれません。

自然の法則とは、理にかなっているものだとつくづく感じました。