自然の恵み いただきます! 家庭菜園と山菜採りと・・・

家庭菜園と山菜採りを中心に、自分で収穫した食材を調理して食べるところまでの記録です。野菜の育て方、収穫方法、山菜のある場所、採り方、下処理の方法など、自らの経験をもとに情報提供させていただいております。

ししとうと長なすの甘辛炒め・大葉入り

ししとうと長ナスの収穫

ししとう(大甘長ししとう)と長なす(庄屋大長)を収穫しました。

共に長く育つ品種で、ししとうは15cm、長なすは35cmになりました。 

大甘長ししとうがたくさん実を付けている状態

大甘長ししとう

ししとうは7月半ばには既に最初の収穫を行い、もう2か月近くの間、4回ほど収穫を行っています。
たった2株なのですが、鈴生り状態です。
思った以上に長い期間、たくさん収穫できたので、来年もぜひ育ててみたいと思います。

30cmを超える長さのなすがなっている状態

長なす(庄屋大長)

長なすは2週間ほど前に、待ちきれずに20cm位のものを収穫しましたが、今回しっかりと35cmになるまで待って収穫しました。

40cm位にもなるようです。

収穫したししとう20本
収穫した長なす3本
ししとう20本 長なす3本

下処理はダイナミックに

さて早速、下ごしらえです。

長なすを切ろうとまな板に乗せたら、何とこの大きさです。長いこと。

まな板の長さとほぼ同じくらいの30cmの長なす3本

まな板一杯の長さ

この長さをもっと堪能すればよかったのですが、気づいたらダイナミックにザクザクと適当に切っていました。

ししとうは食べやすい4cmほどに。

ナス、ししとうを3~5cmの食べやすい大きさに切った状態

切った状態

結構なボリュームです。

中華鍋でジャーッと豪快に炒める

中華鍋に油を敷いて、ししとう、長なすをジャーッと炒めます。

中華鍋でなすとししとうを炒めているところ

中華鍋でジャーッと炒める

中火でシャカシャカ炒めます。

なすがしんなりし始めたら、あらかじめ、砂糖大さじ3、酢大さじ2、日本酒大さじ2、醤油大さじ5を混ぜておいたものを、ドバッとかけて、炒め続けます。

煮詰める感じで。

するとこんなふうになりました。

中華鍋で炒めたなすとししとうがしんなりした状態

なすがしんなりした状態

あれれ? なんかボリュームが少なくなったような気がします。

たしかに野菜類は火を通すと小さくなるので、当然のことかもしれませんが。

お皿に盛り付けます。

皿に盛り付けたなすとししとうの炒め物

盛り付け

今までお浸しばかり作っていたのですが、今回はちょっと手間をかけてみました。

アレンジは頼りになるこの食材

ここで、更にアレンジをと思い、庭から大葉(青紫蘇)を採ってきました。

いくらでも生えていて、活用の幅がとても広い野菜です。

とっても頼りになる食材です。

大葉を10枚ザルに乗せた状態

大葉10枚ほど

良く洗って、はさみでジョキジョキと細かくします。

細かく切られた大葉(青紫蘇)

大葉(青紫蘇)を細かく切る

風味にプラスアルファが出るかもしれないと思い、加えてみました。

よく混ぜ合わせて、いただきまーす。

ししとうと長なすの炒め物(大葉入り)出来上がって皿に盛り付け

ししとうと長ナなすの炒め物 大葉入り

甘い長なす・辛いししとう・これぞ甘辛

長なすに砂糖が良く浸みこんで、甘く(人によっては甘すぎるかもしれませんが)柔らかくできました。

ししとうは大甘長という名前でありながら、そこそこ辛みもあるので、いい感じに甘辛に仕上がりました。

また大葉を混ぜたことで、思った通り大葉の風味が出ていて、久しぶりに油を使った料理で食が進みました。

家庭菜園からは今までさっぱりしたものばかりでしたが、夏も終わり、だんだん涼しくなってくると、このような温かいものが合ってくるような気がします。

いつもながら、食卓の彩として、我が家の家庭菜園は大活躍です。