自然の恵み いただきます! 家庭菜園と山菜採りと・・・

家庭菜園と山菜採りを中心に、自分で収穫した食材を調理して食べるところまでの記録です。野菜の育て方、収穫方法、山菜のある場所、採り方、下処理の方法など、自らの経験をもとに情報提供させていただいております。

こごみが出始めた! 山菜らしい山菜のスタート

クルッと丸まったこごみ

自宅から車で5分くらいのところに、ちょっとした沢があります。

いつもはゴールデンウイークになると、思い出したように、こごみを採りに行く場所なのですが、毎回、既に葉が開いた状態で「もっと早く来ればよかった」と後悔を繰り返していました。

今年は一足早く思い出し、様子を伺うつもりで行ってみたところ。。。

ありました ありました。

クルッと丸まって、仲良く内側に向き合っている「こごみ」が出始めていました。

砂地から6本ほどまとまって伸びているこごみ

こごみ

こごみの特徴

こごみはシダの一種で、正式名は「クサソテツ」と言います。

ワラビやゼンマイなどの仲間です。

一夜にして4~5センチも伸びるので、機を逃すと葉が開いて食べるのに向かなくなってしまいます。

出始めの時はクルっと先が丸まっていて、この丸まっているところが美味しいんです。

アクも少なく、下処理も調理も簡単な山菜です。

生えている場所は

生えている場所は、湿ったところで、私がよく行く収穫場所のほとんどが川沿いです。

川原の中の砂地や土手、林の中の湿地あたりが生育に最適な場所のようです。

笹やぶの中にもよく生えています。

こごみが生えそうな川原の中の砂地

こんな感じのところに生えています

こごみの見分け方

見分け方は、

  • きれいな緑色であること
  • 群生して生えていること
  • 内側を向いて丸まっていること
  • 茎に縦線が見えること
  • 何となく骸骨っぽいこと

群生して生えているこごみ

群生して生えることが多い

最後の骸骨は私独自のイメージですが。

似たものとしてワラビやゼンマイなどがあります。

ちなみに今回採った場所で似たようなものが生えていました。

見比べてみると明らかに違いが判ります。

こごみに似たシダの仲間

ゼンマイの一種?

コゴミのように一つの株から何本か伸びていますが、不規則な向き、生え方、毛むくじゃら、変な巻き方など、コゴミとは違います。

これはオニゼンマイっぽいのですが、食べられません。

斜面に生えているワラビの一種

ワラビの一種(イヌワラビ?)

こちらも確定できませんが、イヌワラビじゃないかと思います。

ほとんど開いた状態のものばかりなので、あまり巻いているところを見たことがありません。

こちらも食べられません。

その他、こごみが生えていた場所にはこんなものも生えていました。

黄色い花を咲かせている菜の花

菜の花

水色の花を咲かせているハナダイコン

ハナダイコン

菜の花とハナダイコンです。

ともにアブラナ科です。

種が上流から流れ着いたのか、風で飛んできたのか、あちこちに生えています。

特にハナダイコンは、こごみが生えているところで頻繁に見かけます。

花や若葉を食べることができますが、今回は採りませんでした。

今年初物のこごみに集中です。

こごみ収穫時の注意点

まだ出始めなので、そこそこ伸びているものだけを収穫しました。

株が小さいものは採りません。

やっと土から顔を出した丸まった状態のこごみ

こういう小さな株は採りません

収穫時の注意点として、

  • 小さいものは採らない
  • 根っこごと採らない
  • 1株につき何本か残す
  • できるだけ下の方から採る

これはいつも守っています。

種の保存のために。

葉っぱが残ってくれれば、その株は光合成ができて生き残るので、来年もまた芽を出してくれます。

また少しでも食べるところが多くなるように、できるだけ下の方から採った方がいいです。

根元から指でつまんだ感覚で、ポキッと折れるところで採ります。

地面に置かれた収穫したこごみ

初物の収穫

とりあえず、今日はこのくらいにしておきました。

あと1週間もすれば、群生が広がっていることでしょう。
 

下処理から調理・とっても簡単

さて持ち帰って下処理です。一本一本よく洗います。

クルっとまかれている部分にゴミが入っていることもあるので、少し開きながら洗います。

よく洗ってザルの上にあるこごみ

よく洗ったこごみ

塩を一つまみ入れて沸騰させたお湯に入れて、2分茹でます。

緑色のアクが出てきます。

沸騰したお湯で茹でているこごみ

2分茹でる

こごみ独特の香りがします。

ワラビとかと違ってこごみはアクが少ないので、これだけでアク抜き完了です。

ザルにとって、

ザルの上のこごみ

ザルにとる

流水でさらして、

流水にさらされているこごみ

流水でさらす

水を切って、食べやすい大きさに切って、器に盛るだけです。

ポン酢をかけて出来上がり。

ポン酢をかけて食べられる状態のこごみ

ポン酢や醤油はお好みで

シャキシャキというか少しコリコリというか、キュッキュッというか、独特の食感です。

ポン酢の味の中にほのかにこごみ独特の味が感じられます。

今年初物のこごみ、6月まで収穫が続きます。